フォレスト歯科はインフォームドコンセント(説明と同意)を重視し、誠実で妥協しない治療に取り組んでいます。

診療のご案内

クリニックについて

求人のご案内

予防歯科 Preventive

予防歯科のよくあるご質問

Q.毎日しっかり磨いているのに、虫歯になってしまいます。

A.定期的なクリーニングをお勧めいたします

歯ブラシでただ磨いているだけでは、どうしても磨き残しが出てしまいます。
フロスや糸ようじを使って歯の隙間まできれいにしましょう。
日ごろの手入れと合わせてクリーニングを定期的に行うとより効果的です。

Q.子どもの虫歯を予防したいのですが?

A.仕上げ磨きをしてあげて下さい

お子さま自身の歯磨きだけで済ませるのではなく、必ず仕上げ磨きをしてあげてください。
子どもは大人よりも虫歯になりやすいため、歯磨きはもちろんのこと、食生活にも気をつけましょう。
だらだらと物を食べ続けてしまうと虫歯になりやすくなってしまいます。
お口を休める時間を必ず設けるようにしましょう。

Q.おやつは食べさせない方が良いのですか?

A.与える時間とおやつの種類によります

与える時間とおやつの種類さえ気をつければ、おやつは食べても平気です。
甘すぎないもの、歯にくっつきにくいものを選びましょう。

Q.タバコは歯によくないって本当ですか?

A.節煙・禁煙をおススメします

タバコを吸う方の歯は黄色く着色しやすく、見た目によくないだけでなく、口臭の原因にもなります。
歯磨きで落とすことは難しいので、当院でクリーニングを行うようにしましょう。
また、タバコを吸うと、お口の中の血管が収縮し、血液がしっかりといきわたりにくくなりますし、抵抗力も低下しがちなので歯周病にもなりやすくなります。節煙・禁煙をオススメします。

Q.虫歯はうつるってホント?

A.本当です

生まれたばかりの赤ちゃんは、虫歯の原因菌を持っていません。
身近にいる人が食べ物を口移しで与えたり、同じ箸で食事をすることによって、唾液を介して、うつってしまうのです。生後6ヶ月から3歳くらいまでが一番感染しやすく、一度感染すると、一生その種類の虫歯菌を持たなくてはなりません。
子どもが虫歯にならないように、小さなお子様の身近にいる人(ご家族等)は、ご自身のお口のチェックを怠らないようにしましょう。