フォレスト歯科はインフォームドコンセント(説明と同意)を重視し、誠実で妥協しない治療に取り組んでいます。

診療のご案内

クリニックについて

求人のご案内

インプラント Implant

痛み・腫れの少ないインプラント治療とは

『フラップレスインプラント』とは、歯茎に必要最低限の穴をあけてインプラントを埋入する治療方法です。

従来の、メスによって歯茎を切開してインプラントを埋入する方法に比べ、術中・術後の痛みや腫れがほとんどなく、患者様への負担がかなり軽減される治療方法です。また、手術時間も大幅に短くて済みます。

治療方法の比較

従来のインプラント治療

従来のインプラント治療
  1. 麻酔をして、メスで歯茎を切開します。
  2. 歯茎を剥離してフラップをつくり、
    ドリルで骨に穴を開けます。
  3. ドリルで開けた穴にインプラントを埋入して、フラップを閉じます。その後、インプラントが周囲の骨と結合するまでに3~6か月待ちます。
  4. インプラントが周囲の骨と結合したら、再度歯茎を切って、インプラントを出します。
  5. インプラントに人口の歯を取り付けます。従来のインプラント方法の場合、歯茎を切る手術が2回必要になります。

フラップレスインプラント

フラップレスインプラント
  1. 「歯肉パンチ」または「歯科用レーザー」で、歯茎に必要最低限の穴を開けます。
  2. 歯茎に開けた穴からドリルで骨を削り、インプラントを埋入します。
  3. インプラントに人工の歯を取り付けます。
※特記事項
フラップレスインプラントでは歯茎をメスで切らないため、患者さんの体に負担が少なく、痛みも少ないというメリットがあります。
フラップレスインプラントのメリット・デメリット

メリット

  • 切開・縫合の必要性がない為、腫れや痛みがほとんどない。
  • 治療時間や治療回数が軽減できる

デメリット

  • 骨の状態が目視できない為、事前にCTやレントゲンにより骨の状態や形状を把握する必要性がある。
  • インプラントを埋入する周囲の骨や歯肉が十分であることが前提。