フォレスト歯科はインフォームドコンセント(説明と同意)を重視し、誠実で妥協しない治療に取り組んでいます。

診療のご案内

クリニックについて

求人のご案内

インプラント Implant

症例集

左下5番中間歯欠損症例
先天的に5番目の歯がなくて、乳歯がずっと残っていた状態でした。
それがやむなく抜歯するしかないことになり、その後にブリッジかインプラントをされるかでインプラントを選択された患者さんです。
患者さんはブリッジだと両隣りの歯を削らなくてはいけない、ということを避けたい、と希望されました。
「他の歯を削らなくて済んで嬉しい」とおっしゃってくださった患者さんです。
右下6,7欠損(8番が近心移動)に対して6番の単独植立で対応した症例
小さいインプラントを2本打つか、大きいインプラントを1本打ち、多少のスペースは容認するか、はたまた、8番を矯正治療で手前側に移動させてインプラントは一本にするか、を患者さんと相談させていただいたケースです。
このように治療法はさまざまな選択肢があります。
ひとりひとりと十分なご相談、ご説明をさせていただいきます。